妊娠に関わる治療|安心してお産に臨める助産院一覧をチェック|女性を守る医院探し

安心してお産に臨める助産院一覧をチェック|女性を守る医院探し

妊娠に関わる治療

レディー

不妊と思ったら

不妊治療と言っても状態や病院の診断によっては治療の進め方が変わってきます。まずは身体の状態を調べます。女性の場合、排卵や子宮の状態などをチェックして妊娠できる身体なのかどうかをまず最初に調べるのが一般的です。男性の場合は精子をチェックします。従ってパートナーと力を合わせて治療に取り組む意思がまず必要になります。年齢が高齢になるほど妊娠率は低下します。身体に問題がなくても高齢の場合はタイミング方法などの不妊治療を省いて最初から人工授精や高度不妊治療を行うケースもあるでしょう。病院によって考え方や治療の進め方も異なりますので、自分の納得のいく治療を行ってくれる病院を探すことも大切です。精神面での状態も妊娠成立を左右することもあります。

治療のステップアップ

始めは身体に負担のかからないタイミング法から始めることが多い不妊治療ですが、タイミング法を何周期か繰り返しても妊娠成立しない時には人工授精にステップアップすることが多いでしょう。排卵障害がある場合は排卵誘発剤を使用することもあります。排卵を意図的に起こさせることで排卵日が特定しやすくなりますのでタイミングを合わせやすいというメリットもあります。人工授精までの治療を一般不妊治療と呼ぶのですが、ここまでの治療で妊娠しない場合は高度不妊治療へ移行します。すなわち、体外受精や顕微授精を行うことになるのですが、高度不妊治療の場合は費用も大幅にUPします。病院によって費用が異なってきますので最初に確認しておきましょう。